NEWS

■柴山一幸
柴山一幸
愛知県稲沢市出身、1969年11月生まれの46歳。
2001年にMETROTRON RECORDSよりデビューアルバム「Everything」をリリース。
その後暫く音楽の世界から離れるが、2008年に2ndアルバム「涙色スケルトン」を発表後活動を再開。
2013年3rd Album「I’ll be there」、2014年4th Album「君とオンガク」、2015年5th Album「YELLING」と毎年コンスタントに作品をリリースし、ソロ、バンドセットを問わず精力的にライブ活動を行っている。

The Beatles,Ben folds,Elvis Costello,Fairground Attraction,Norah Jones,Paul weller,Todd Rundgren,RCサクセション,オフコース,シュガーベイブ,細野晴臣をルーツとする柴山の音楽は、ブリティッシュロックやAORの血脈を受け継いだ上質なポップ性と骨太なルーツミュージックの香りが絶妙にブレンドされつつ、そこに人生の哀歓を感じさせる陰影に富んだ言葉が乗る事により、彼と同世代の音楽リスナーや、今の音楽に物足りなさを感じている若者も十分に満足しうる力強いものになっている。

盟友杉浦琢雄(東京60WATTS)、矢部浩志(Controversial Spark/元・カーネーション)等強力なサポート陣によるロックのダイナミズムを存分に堪能できる演奏もさることながら、それを束ねて中央に凛と存在する柴山の「うた」は圧倒的であり、時にゆらぎ、時に一直線に突き刺さってくる。
その体験はかつて我々が心臓を鷲掴みにされた数多のロックスターの名演となんら変わりなく、いつまでも色褪せない瑞々しさを放ち続けている。
現在、年内maoよりリリース予定の新作を制作中。
オフィシャルサイト | Twitter | Facebook

■百瀬巡
百瀬巡
1991年生まれ。20歳から独学でバイオリンを始め、笹口騒音オーケストラ、Special Favorite Music、Genius P.J’s、井乃頭蓄音団、日の毬、北村早樹子、科楽特奏隊等でサポートを努め、際立って目を引くステージングとその音作りのセンスで好評を博す。
2015年よりソロ活動の準備を始め、2016年1月に初ソロライブを行う。
今回のPATHではリズム隊を従えたバンドセットの初披露となる。
今年秋にmaoよりデビューアルバムリリース予定。

オフィシャルサイト | Twitter | facebook

■BANK
BANK
BANKは90年代初頭のアングラ・シーン:東京ネオアコ~初期クラブ・ミュージック~Crue-L(瀧見憲司主宰)周辺で活動してきた正に「渋谷系」の当事者、ブリッジ、ラブ・タンバリンズ、アーチという伝説的バンドを経たミュージシャン等によって2006年に結成。中核は中村大(gtr, voc)と鈴木望(drums)。奇をてらうことなく「良い音楽を良い演奏で」をモットーにしているが、彼らの消し去れない素地であるニューウェーブ~ポストパンク~ネオアコ、フェイク・ジャズ~ファンカラティーナと、中村のどうしようもない80s好きが自然に出てしまい、新旧区別の付かない音になってしまっている(何故か全員デュランデュラン好き)。
無機的な中村のソングライティングを支えるのは、AORをバックグラウンドに持つリズムの柱であるベースの平見文生(ex. ラブ・タンバリンズ)とノン・グルーヴのYMO的ドラミングが持ち味の鈴木であり、このミスマッチで生まれる奇妙に心地よい都市的グルーヴ感も魅力だ。
昨年、結成後初となるアルバム”True Tempo”をリリース。
オフィシャルサイト | Twitter | facebook

■nica
nica
2015年4月結成
東京都内を中心に活動中
女性Vocal+Piano、男性Vocalの2名を中心に、Sax. Gt. Key. Ba. Drum. から成る7人編成。Vocal二人のハーモニーと、特殊な形態ならではの色彩感豊かなバンドサウンドを紡ぎ出す。
オフィシャルサイト | Twitter | facebook