レーベル、マネジメント

レーベルのより詳しい活動内容についてはこちらをご覧ください。
maoオフィシャルサイト

2002年に個人のインディレーベルmaoを立ち上げました。当初はエレクトロニカ、ポストロック、インプロなどのインスト音楽がメインでした。2004年頃からそこにDUBというキーワードが加わり、いわゆるレゲエから派生したDUBとはひと味違う、音響的な解釈でDUBを捉えたアーティストの作品がが増えて参ります。
2008年にリリースしたあらかじめ決められた恋人たちへ「カラ」はその最たるものでした。

それと並行しながらギターという楽器の持つ音色、可能性を追求しているアーティストもピックアップしてまいりました。レーベル初期を支えてくれたfishing with johnや、現在でもコンスタントに活動を続ける中村好伸はmaoの大事な財産です。

2010年からは「よりアーティストと密接に関わりながらリリースを行っていく」という方針の下、マネジメント業務も開始致しました。TAMTAMThe Echo Dekが現在所属アーティストとなっており、今後も新人開発に力を入れて参ります。

2013年に法人化し、より幅広い層に我々の信じる音楽を届けるべく鋭意活動中です。